体験レッスン

最近、有り難い事に体験レッスンが続いています。

昨日は、年長さんHくんの体験レッスンでした。

ご紹介頂いたのは、もうすでに大学生になり、高校・大学でも
吹奏楽を専攻し、今は立派にトロンボーンを吹くようになった、
Hちゃんのお母様でした。
Hちゃんも中学3年生受験ギリギリまでピアノを続けてくれていました。

私の事をいつまでも覚えてくださり、Hくんのお母様からご縁などの
お話をお伺いして、胸が熱くなりました。
ありがとうございます!(笑)。

体験レッスンのHくんは来るなり、色んなものに興味津々。
最初はうろうろうろうろ。勝手にボールを触ったり、
楽器を触ったり、シールを触ったり。

幼稚園では、鍵盤ハーモニカにシールを貼って
きらきらぼしを弾いてるようです。
「Hなぁ、こんなに大きい(ピアノ)のん初めてや~!」
と言いながらも、きらきらぼしを披露してくれました。
ピアノで一緒に遊んだり、タンバリンでリズム遊びをやったり、
ピアノに触ってくれてる時は、とても集中してくれました。

でも、ピアノから離れると、、、またうろうろうろ(笑)。

お母様もとても喜んで頂き、即、ご入会頂きました。
Hくん、これから一緒にがんばっていきましょう!。

来週は3人の体験レッスンのご予約を頂いています。

いいご縁になればうれしいなと思っています。

Pagetop

発表会の応援

先週の日曜日は、友達の先生の発表会の応援に行ってきました。

友達の所は、楽器店の合同発表会に入っていて、生徒さんが沢山
いるからか、その一部を友達の所の教室の生徒さんのみで発表会を
行っていました。
第4部で、17:30開演でしたが、みんな頑張っていました(笑)。

今まで自分個人で企画・進行を行う発表会しかやってこなかったので、
楽器店の発表会ってどんなのかな、と思い行きましたが、
楽器店の方も皆親切で、私もこういう発表会もいいなぁ...と改めて思いま
した。
(でも、近くのホールでやってくれる楽器店が見つけられないのです(;。;))

発表会の方は、みんな大変緊張されていたみたいでしたが、
クラッシックありポップスあり、ジャズありで、よかったです。

私がお勧めした曲や本が、多数採用(笑)されていて、友達からは、
「勉強になったし、よかったわー、またああいう勉強会
 やってなぁ~」と、また頼まれてしまいました^_^;。

M先生、お疲れ様でした。

2016-07-10-173524s.jpg


さぁ、私も自分の発表会が終わったからと言って、休憩しておれません。

今年は、私自身が初めての経験なので1人2人にしか声掛けできませんでしたが、初めて、コンクールに挑戦します!。
私も初めての挑戦で、どこまで出来るのか自分でもわかりませんが、
生徒さんと一緒に、挑戦してみたいと思います(笑)。

また、秋のピティナピアノステップに向けても、始動していきたいと思っています。

がんばろう!。

Pagetop

もう7月も後半!

発表会からあっという間に2ヶ月以上が経ってしまいました。

なかなかブログを更新できませんでしたが、元気にレッスン行っています。

私と言えば、長年外で働いていたからか、4月は中々身体が生活に
慣れずにいたのですが、発表会が終わってからは、随分と身体が
慣れてきたように思います(笑)。

さて、発表会後、みんないい感じでレッスンが出来ています。

「私、絶対ピアノやめへんねん」と言ってくれた年長さん、
「いつか、あれ弾きたい」って意欲的な2年生、
「大きくなったらピアニストになりたい。だから頑張る」と
言ってくれた1年生。

中学生や高校生大学生も頑張っています。皆それぞれのペースで
頑張ってくれてるのですが、
「ベートーベンのソナタが弾きたい!」「ノクターンが弾けるように
なりたい!」などとても意欲的で、それぞれの目標に向けて頑張って
くれています。

私も頑張らなくては。。。

先月から、何度か講座に行っていますが、先日は松田紗依先生による
『ロシアン奏法』の講座に行きました。

『ロシアン奏法』は初めてで、どういう事をするのかなと思って
楽しみにしていましたが、1本指で音を出すことから始まる
ロシアの奏法、とても新鮮でした。

実際に、ブルグミュラーの数曲を使って、色々な音の出し方、また
身体の使い方なども教えて下さいました。

先生からの言葉で、とても印象的だったことは、
「テレビも電気もない時代に作曲された作品は、自然との対話の中で
 生まれたの。だから自然界にある音を大切に、小さなうちに自然に
 触れ合って豊かな感性を 育てることも必要、だから私は子供達に
 次のレッスンまでに「秋を見つけてきてね」と宿題をだすのよ。」
とおっしゃっていました。

確かにそうですよね!。納得です。また想像力もとても大事だと思います。
謙虚に音楽に向き合いながら、心も豊かに育ってくれることが1番だなぁ
と思いました。

さぁこれからも色々な講座に通って、1つでも多くの引き出し持って、
生徒さんに伝えていかなければと思います。

2016-07-15-172757.jpg

Pagetop